『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

最新情報

監督やめろ論を唱える人に限って、「次は、誰を監督にせよ」と一切言わない(無責任極まりない)

投稿日:

Pocket

伊原春樹氏が、クライマックスシリーズでヤクルトに敗れた原監督に対して、責任をとって辞めるべきと語っておられました。

ですが、後釜を誰にすべきか一言も語っていません。

これねー、「監督やめろ」論者の典型です。

ダメだから辞めさせる。これは当然な展開かも知れないですが、じゃあ、誰が後釜として適任なのかということです。

ここに言及しないは一切傾向にあります。


矢野監督続投反対派にも同じことが言えます。

『矢野監督は続投すべきではない。』

ここで意見が、いつもそこまで。

『私は、この人が後釜の監督にすべき!!』と具体的な名前を出しません。

なぜなら、もし、出したら、責任が問わるから。後釜に推薦した人が、仮に成績を残さなければ、自分の面子に関わるから。だから、出そうとしない。

伊原春樹氏の原監督批判なんて、その典型です。

今この時点で、原監督が電撃辞任した場合、誰を監督にするの???

経験の浅い阿部二軍監督なの??どうなの??

江川さんを監督にするの??

まさか、自分??


どこの組織でも、同じことが言えるでしょう。

上の人間が辞めるとなると、誰かが、その役割を補わないといけない。でも、人材が居ないとなれば、業務が遅れたり、業績にも関係すること。

もう一度書きます!!

『私は、この人が後釜の監督にすべき!!』と具体的な名前を出しません。

なぜなら、もし、出したら、責任が問わるから。後釜に推薦した人が、仮に成績を残さなければ、自分の面子に関わるから。だから、出そうとしない。

ここがポイントです!!

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-最新情報

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.