『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

お知らせ

大山に苦言! 「狙い球が解りません」

投稿日:

Pocket

後半戦に入り、まだまだ信用されていない4番の大山選手。

ジャイアンツの岡本選手や、ヤクルトの村上選手の成績をみれば、そりゃ、タイガースファンから叩かれて当然!!

数字が物語っています。


後半戦開始当初は、3本のホームランを打ち、復調かと思いましたが、ドラゴンズの3連戦では、結果を残せませんでした。

タイトルの通り、狙い球が何か いまいち解らない打席が多いです。

相手の配球に読んで打つというプロの打者の基本スタイルが、いまいち確立されていない印象です。

テレビの画面からも見受けられます。

野村監督時代の今岡選手のようですねー。どのボールを待っているか外から見ても理解できない。で、案の定、凡打の山。

それと似ています。


闇雲にバットを振っている印象しかないのです。それでは、プロ野球では通用しません。

配球を読んで、そして好機を逃さないスタンス。

結局、野球脳が、まだまだ足りないのではないでしょうか??

違いますか??

とにかく、相手の配球を読んでに打ちに行かないと、今後も通用しません。

苦言を呈しておきます!!

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-お知らせ

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.