『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

最新情報

速報!!エラー絡みの最下位野球から、起死回生の未来野球へ

投稿日:

Pocket

皆さん、こんにちは!!

まずは、おさらいです。

 

一昨日、せっかく雨中の試合を勝ったのに、昨日は敗戦しました。

それも、直接の原因は、植田海選手の痛恨のエラーにより、、、。

 

まあ、弱いチームに有りがちな負け方でしたね。

たとえ逆転されても、反撃に転じればファンも溜飲が下がりますが、それも無し!!

 

最下位野球の典型例が昨日のゲームでした。


 

植田海選手は、いわば今年から一軍に定着した選手ですので、ある程度は考慮します。

 

しかし、、、。

選手としての性質を、いまいち理解していないように思いますねー。

 

なにしろ、三振と外野フライが多い!

 

どう考えても、ゴロを打って進塁打にしたり、内野安打を積み重ねるタイプでしょう。しかし、まるで逆の結果を招いています。

もし技術が足りないで、そうなったので無いとしたら、『野球脳』に問題大ですね。

 

前の打者の糸原選手を見習ってほしいものです。

追い込まれても粘り続けて、四球を選んだりする糸原選手の野球脳の素晴らしさ。

 

良い見本が、目の前に居るじゃないですか!!


 

今後、タイガースが強くなるには、いかに『野球脳』が優れた選手を増やし続けるかだと私は思っています。

逆に言えば、野球脳が優れた選手が少ない限り、浮上の目は無いとも言えます。

 



 

と、ここまでは昨日の段階の話。

そして、本日、昨日の悔しい負けを払拭するかのような激勝を阪神タイガースは飾りました。

 

しかも、ポイントは、糸井選手と、福留選手が離脱して、不在の打線構成で、13点を奪ったことです。

いわば、若虎が主流の打線での猛爆です。

 

これは、どのように解釈すれば良いのでしょうか?

いわば、ナバーロ選手と森越選手以外は、育成によって実力をつけた選手たちによる勝利だと言うことです。

たったの一試合での結果なので、まだまだ、断言できません。

 

でも、相手は広島カープで、しかもマツダスタジアムでのゲームなのです。

 

ここが、ポイントです。

これまでだったら、このような打線を組んだ場合、途端に打てなくなる傾向がありました

 

ところが、ところが、ところが。

その反対をやってのけたのです。

 

こういう試合をやってくれると、『選手層が厚くなる』という方向性になるのではないでしょうか??

 

実際、野手では、原口選手、北條選手、上本選手、高山選手も一軍には居ません。

でも、彼らが、一軍に帰ってきた場合、どうでしょう?

突然、阪神タイガースは、選手層が厚くなってきます。

 

ですから、今日の勝利(勝ち方)は、意義が深いと思っています。

 

藤浪投手は、どうだったでしょう??

本来、勝ち運がある投手でしたから、4失点しても勝利投手になったのは、何かのキッカケになるような気がします。

(まだまだ、信用できませんが、期待はしたいです。)

 

今日の試合の意義は大きいと、私は思っています。

今日の勝利で、広島カープとの三連戦を勝ち越ししました。

 

もしかしたら、今後のタイガースの、『未来野球』につながるゲームかも? ぜひ、そのように向かってくれると幸いです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-最新情報

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.