『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

最新情報

真弓前監督が解説で語った『打線低迷の弊害』

投稿日:

Pocket

皆さん、こんにちは!!

 

昨日のメッセの投球に関して、解説の真弓さんがこのような内容を語っていました。↓

 

「打線が点を取ってくれないから、何としても抑えないといけないと考えこんで、初回から慎重な投球になりすぎている。」

 

真弓さんのおっしゃることは、本当ですし、正論です

私が、もし阪神タイガースの投手でも、そう思うでしょうね(笑)


 

一昨日は完封負け。昨日の試合でも、2点を取るのが精一杯。

こうした「打線低迷の慢性化」をもたらした打撃コーチの罪は大きいですよ。

 

マスコミでも、『打線が打てない』と連日、報道されています。

 

バッターも、これだけ言われ続ければ、そりゃ、打てない状態になるでしょう。

実際には打てる能力があるのに、能力を発揮できない『負のスパイラル』

【打線低迷の慢性化】は、今年が終わったら治るようなものではないと思います。

 

これは、重症ですねー。

かなり深刻です。


 

ですから、当ブログで、何度も打撃コーチの責任を問うているんです。

と同時に、参謀役のヘッドコーチの責任も追及します。

 

片岡氏は、責任を取らないといけないでしょう。

昨年は2位に躍進し成績が良かったのに、今年は悪い。

昨年と変わったのは、ヘッドコーチです。

 

というわけで、これが原因であるのは明らか!!

辞任してもらいましょう。

 

これ以上、阪神タイガースに泥を塗られては困ります!!

今年の打線の低迷は、阪神タイガースに計り知れないくらいのダメージを負わせていることを果たして本人は、どれくらい自覚しているのでしょうか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-最新情報

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.