『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

最新情報

大山の代打起用に関する、当ブログの見解 (そして、横浜ベイスターズ・ラミレス監督の采配についても言及)

投稿日:

Pocket

皆さん、こんにちは!!

昨日の阪神タイガース、見事に、広島カープに勝ち越しました。

 

これは、想定外の結果でしたね(笑) かなりの確率で、負け越しは覚悟していましたが。

まあ、広島カープも、いまは不調ですので、この勝ち越しで、次も上手くいくとは限りません。

 

で、ネットでも賛否が渦巻いていますが、例の大山選手の代打起用です。

まあ、誰もが、あの場面では『代打の神様』である原口選手を予想しますよね。

 

ところが、ここで金本監督は、大山選手を起用します。

 

「なぜ、原口ではないのか?」

「なぜ、大山なのか?」

「これで、良かったのか?」」

 

というような意見が、ネットでも書き込みされているわけです。

 

そこで、当ブログでの、この件に関する見解です。

 

こちらです↓

「プロは、結果がすべて!!!」

 

これが結論です。ですから、『結果を出した大山代打采配』は、「あり」だったのではないでしょうか?

 

逆に、もし、大山選手が結果を出さなかったら、そりゃ、叩きますよ。

 

結果が出たわけですから、良しとします。

 

大山選手に関しては、まだ二年目ですから、今年の低迷は、まだ許せる範囲だと私は思っています。

これが、何年も、何年も続くとなると、それは本人の能力の無さと責任でしょう。

(まあ、新しい選手は、どんどん加入してきますから、もたもたしていたら、チャンスは失われるでしょう。)

 

プロは結果を出して活躍すれば、文句ないです。

球団は、どんなかたちでも勝てば文句ないです。

 

それがプロの世界でしょう。

 

特にプロ野球の場合、数字がすべてですから、解りやすいです。

 

果たして、大山選手は、原口選手に継ぐ代打の切り札になるのか?

このあたりは、楽しみでもあります。

 

代々の切り札は、多いほうが良いからです。

今後の展開を見守りましょう!!


 

あと余談ですが、他球団の話も!

 

昨日の中日ドラゴンズと横浜ベイスターズとの一戦において、松坂投手の対策として、ラミレス監督は、ある決断をしました。

それは、松坂投手の母校・横浜高校出身の選手で、打線を構成したことです。

 

そして、見事に失敗!!!

 

こんなことを阪神タイガースでやったら、ものすごく叩かれるでしょうね!!

こんな打順構成など、論外でしょう。

 

ベイスターズファンの心境を察しします。

 

相手投手の母校出身者で構成した打順の組み方で、成功するとは思えないです。

いま調子の良いベストな選手を起用するのが、筋でしょう。

 

プロは結果が全て!!

昨日のラミレス采配は、完全NGですね!!

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-最新情報

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.