『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

最新情報

阪神タイガースって、データ野球をやってるの?(疑問)

投稿日:

Pocket

皆さん、こんにちは!!

昨日と今日、謎の二日間、試合無しです(笑)

このスケジュールは、いささか疑問ですが、もう決まっているのだから、どうしょうもありません。


 

ところで、これまでの試合ぶりを見て、私自身、非常に疑問に思うことがあります。

それは、

「阪神タイガースって、データ野球をやってるの?」

ということです!

 

メジャーリーグは、打者の打球方向をデータ化し、シフト変更を徹底してます。

大谷翔平選手に対する極端なシフトをみたら、そのあたりのベースボールの進化具合を目の当たりにします

 

で、阪神タイガースは、どうですか?

なんか、データ野球をやっている気がしません。

 

その証拠に、、、。

 

打線が、『5回くらいまで沈黙』

かなり、そのような試合数が多いと思いませんか?

 

相手の投手の配球を読んだり、特徴をデータ解析したりして、試合前の選手に伝えるプロの技術。

この技術を浸透しておけば、『5回くらいまで打線沈黙』試合など、連発しないでしょう。

 

そこが、成されていないのではないでしょうか?

打線に関しては、その詳細データと、選手の仲介役が、打撃コーチとなります。そのあたりの指導は、どうなっているのでしょう?

 

打撃コーチは、仕事をしているのでしょうか?

 

「狙い球を絞って来たボールを打て!!」なんて言う単純な指導が通用する時代ではないでしょう。

野球は、常に進化しています。

 

昔に通用したことが、今も通用するかと言えば、全ては、そうでは無いです。(断言)

 

阪神タイガースも、この時代の波に取り残されないようにして欲しいですね~

ファンとしては願っていますが、それには優秀な人材が必要不可欠でしょう。

 

つまり選手も指導者もスタッフも全て優秀でないといけません。それがプロなんですから。

 

『5回くらいまで打線沈黙』

これは、データ野球を追求していない球団側の怠慢であると、私は断定しておきます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-最新情報

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.