『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

選手評

ロサリオに告ぐ!!「戦犯へのボーダーラインだと認識せよ。」

投稿日:

Pocket

皆さん、こんにちは!!

本日からドラゴンズとの二連戦となります。相手投手は、好調のガルシアです。

これは、またまた苦戦を強いられそうですねー。

 

ドラゴンズは、東京ドームで、巨人に勝ち越しましたから、上り調子ではあります。

今現在、ドラゴンズは最下位ですが、だからこそ怖いチームです。

 

もし仮に名古屋ドーム二連戦で、連敗となると、最下位が見えてくるので、タイガースにとっては、まさに【デンジャラスゲーム】とも言えます。

 


 

さて、打線の鍵を握るのは、ロサリオ選手であることは間違いないでしょう。

もし仮に今後、打棒が爆破しない限り、彼が打者における今シーズンの『戦犯』であることは確定です。

 

もう何回、打席に立たせて、チャンスを与えたのでしょうか?

そして、何回、ファンを失望させたでしょうか?

 

彼が仮にチャンスに15本、タイムリーを打っていたら、今頃、おそらく勝利五割は超えていたでしょう。

それくらいチャンスに凡打や三振が多かったです。

 

ですから、阪神タイガース浮上の鍵は、ロサリオ選手次第。

あくまで今後起用するなら、ですよ。

 

起用しないなら、それはそれで好都合。

純国産打線時代の到来です。

 

要は確率の問題です。

例えば、

『ロサリオ選手ではなく、そのポストに中谷選手だった、どうなっていたか?』

ということです。

 

いままでの実績だったら、ロサリオ選手以外の選手のほうが、チャンスに打っていたでしょう。

そう考えれば、ロサリオ選手の功罪は大きいですね。

 

ですから、今後の試合で、成績不振なら、彼が【戦犯】です。

 


 

ロサリオ選手に、自覚があるのでしょうかね?

とにかく人柄とか、どうでも良いです。

打てば文句を言いません。

 

頼むから顔つきを変えてください。失うものは無いでしょう。

ムードメーカーなんて役割も要らないです。

 

【戦犯へのボーダーライン】

ロサリオ選手が立たされている今の立場なのです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-選手評

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.