『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

最新情報

阪神タイガース、Bクラス終了の暗雲 〜クライマックスシリーズ出場に向けて、障害が多すぎる件〜

投稿日:

Pocket

皆さん、こんにちは!!

昨日の阪神タイガース、見事にヤクルトスワローズの連勝を止めました。

 

もし、昨日負けた場合、いよいよ『危険ゾーン』に突入することになったので、首の皮一枚、繋がった感じです。

 

その『危険ゾーン』とは?

 

ズバリ、クライマックスシリーズに出場できないということ。

つまりBクラスに終わるということ、です。

 

今年は、結構、厳しいんじゃないですかね~??

 

その主な理由を以下に列挙します。


 

【阪神タイガース、クライマックスシリーズに出場できない理由=障害】

 

●苦手としている広島カープ戦が、多く残っている。

●雨天中止が多かったため、10連戦以上の過酷日程が待ち受けている。

●秋山投手が二軍に落ちた状態。

●桑原投手の不調。

●ロサリオの野球脳が、全然上がらない。

●打線の固定化が、今だに成されていない。

●糸井選手の状態が一進一退。

●藤浪投手の無惨な二軍落ち。

●打撃コーチが、策士とは、ほど遠い。

●エラー数が多い。

●甲子園での試合で負けが混んでいる。


 

これだけの『ハンデ』を背負いながら戦っているわけです。

阪神タイガースが有利なポイントが、非常に少ないと想定します。

 

この状況下で、ヤクルトスワローズのように大型連勝が望めるでしょうか?

前向きな見解が出来ないですねー。

 

そして、淡い期待も出来ません。

 

この時期に、貯金が5以上もあれば、このような記事を書くこともなかったでしょう。

 

金本監督が後半戦のキーマンにあげていた藤浪投手が、いきなり、あのような姿なんですから、、、。

『先が思いやられる』 という心境にならざるを得ないです。

 

あるゆる状況を総合して、クライマックスシリーズ出場は難しいのではないでしょうか?

当ブログでも述べましたが、先日の藤浪投手の投球によって、クライマックスシリーズ出場が困難であることを決定づけましたね。

 

あの試合で、広島カープに勝利していたら、また状況が変わっていたでしょう。

あの敗戦は、チームを奈落に落とすほどのものでした。

 

さあ、果たして、わたしの予想は、覆されるのでしょうか?

ここから選手たちが、炎の連勝を実現してくれるのでしょうか?

 

もし、そうなったとき、、、。

 

阪神タイガース産の【ドラマ】が訪れるのです!

そうなる可能性は0%とは、言えません。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-最新情報

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.