『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

最新情報

広島カープの前では、阪神タイガースは『蛇に睨まれた蛙』

投稿日:

Pocket

皆さん、こんにちは!!

まあ、予想通り、広島カープには勝てませんわね(笑)

 

「勝てる予感がしない」と昨日の記事で、私は断言しましたが、想定内の敗戦です。

 

もはや、広島カープの選手に見下ろされていますからねー。

 

また、阪神タイガースも広島カープという強敵相手では、『蛇に睨まれた蛙』状態ですね。

まあ、もともとメンタル面が弱いチームですから、致し方ないですけどもね。

 

このあたりは、諦めてます。

プロ野球は怖い世界ですね。チーム運営や戦略により、立場が逆転してしまうのですから。

 


 

しかし、私は、もはや、勝ち負けは、二の次としています。

カープから10ゲーム差以上も離されて、優勝も何もないでしょう。無理です!

 

期待しないほうが良いです。

 

 

で、昨日試合は、『今後のタイガース』『将来のタイガース』にとって、実りのある戦い方だったでしょうか?

そこを焦点とした場合、、、。

 

どうですかねー?

正直、内容は乏しいですよ。

 

ジョンソン投手は沢村賞も獲得した選手ですから、実力者です。

はい、好投手です。

 

で、やはり打ち崩せない。

 

試合を見ていて、打撃コーチから綿密な指示や指導があるのか疑問ばかりでした。

どの球を狙うとか、どの球が甘いとか、データに基づく具体的な指示が、見えなかったですね。

 

広島カープとは、そこが大きな違いではないですか?

 

ただ、漫然と打者が打席に立って打っているとしか思えないのです。

 

『作戦』がない感じです。

 

これは、これまで、打撃コーチが戦略・戦術的な指導を怠っていたツケでしょう。

ですから、投手が先に点を取られると、途端に意気消沈状態となり、重々しい感じに、、、。

 

選手も、どうしたら良いかわからなくてなるからです。

そこをアドバイスしてやるのが、打撃コーチの役割なんですが、それが出来ていないと、私は想定します。

 

金本監督が、来季以降も続投では、名打撃コーチの招聘が必須ですねー。

なにしろ、現打撃コーチは、打てなくなった時の『対策案』が皆無ですから。

 

本人たちも、どうしたら良いのか解らず、頭が混乱してしまうのではないでしょうか?

プロなんですから、知恵を絞ってくれないと困りますね。


 

さてさて、今日の試合は、どうでしょうか?

くれぐれも、淡い期待は禁物です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-最新情報

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.