『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

最新情報

実力の差です!!キーワードは、『型』 (千葉ロッテマリーンズとの決定的な違いとは?)

投稿日:

Pocket

皆さん、こんにちは!!

昨日のタイガース、1点差の敗戦でしたが、点差以上に、実力的に離されているように、私は思います。

打撃面において、です。

 

交流戦で、千葉ロッテマリーンズに関して、今年初めて投打に関して分析する機会をいただきました。

井口監督になり、スモールベースボールが徹底されているように思います。

 

長打力のある選手は少ないですが、走力のある打者、巧打の秀でた打者を並べて得点を重ねる戦法です。

1番バッターの荻野選手が出塁すれば、そこから足を絡めて、塁を埋めながら、走者を返す打順を組んでいて、なかなか味のある打線です。

 

玄人好みな打線とも言えますでしょうか。

広島カープの打線と似たところがあります。

 

つまり、千葉ロッテマリーンズには、打撃面において『型』があるのです。

 

阪神タイガースは、どうでしょう?

『型』なんて、あります?

 

全く、ありません!!

今だに、打順も右往左往な感じで、固定化されず、攻撃の形なんて、全く見えないです。

 

ですから、毎試合、行き当たりバッタリな打撃にしか見えません。

(現打撃コーチに、玄人好みするような打順を組む能力は、ないでしょう。)

 

まあ、ロサリオ選手の不調も影響していると思いますが、それでも、やりようがあったと思われます。

 

一昨日なんて、結局は相手のエラーで運良く勝ったようなもんですから、昨日の試合が、打撃陣における両者の実力の差を証明しているように思います。

正直言うと、昨年のほうが、阪神タイガースは、魅力ある打線でしたね。

 

外国人選手が居なくても、中谷選手、大山選手が出てきて、ベテランの実力ともミックスされ、未来の阪神タイガースを期待するような感じでした。

どうなんでしょう?

 

これも、一つのプロセスなんでしょうか?

 

救いは、投手陣。本当に良いです。

尾仲投手、谷川投手が実力を発揮しだしています。

能見投手が加わりました。ここに二軍に落ちているマテオ投手、石崎投手、高橋投手が加わってくれば、盤石です。

 

ですから、打撃陣が改善されれば、上り調子になる可能性は高いです。

いち早く『打撃陣の型』が見たいです。そうなれば、セーフティースクイズなどに頼ることはないでしょう。

 

期待と不安が入り混じるのが、阪神タイガースの現状です。

もちろん、最下位で終わる可能性もあります!

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-最新情報

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.