『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

選手評

ロサリオ外しのカウントダウンが始まった!! (岩貞祐太、炎のピッチングの陰で)

投稿日:

Pocket

皆さん、こんにちは!!

昨日のタイガースですが、いやいや痺れる展開でした!

 

先発の岩貞投手と、菅野投手との投げ合い。糸井選手の先制ホームランの1点を守る展開に!

打線的にはタイガースが不利なだけに、逆転されての敗戦も覚悟しました。

 

ところが、この状況にて、岩貞投手が力投を見せます。

 

キレのある速球と、勇気ある内角攻め。岩貞投手の真骨頂とも言えるでしょう。

良くないときには、四球で崩れるパターンが多い投手ですが、昨日のゲームでは、それがありませんでした。

 

こうなると、『炎のピッチング』になるわけです。

岩貞投手の特徴でしょう。球種が、それほど多くない投手です。

 

ストレートで押し切るスタイル。だからこその熱投。

お見事でした!

 

九分九厘、負けるのを予想していましたが、大きな勝ちを収めました!


 

その一方で、この岩貞投手の『炎のピッチング』の陰で、後のない選手がいます。

四番のロサリオ選手です。この日も菅野投手から3三振を喫しました。

 

もう、話にならないですねー。基本的に、外角の変化球にバットが空を切り三振というパターンです。

つまり、同じ攻め方をされて、三回ともアウト。しかも三振、、、。

 

もし、4回目の打席が回ってきたら、伊藤隼太選手が代打で出る予定だったということです。

金本監督にとっては、当然の選択でしょう。

 

とにかく内容が無さすぎなんです。

 

40試合以上が経過し、この状態なら、いよいよスタメンから外れることになるかも知れないです。もはや可能性は日増しに高まっています。

つまり、カウントダウンがスタートしたということです。

 

ロサリオ選手の枠を、他の日本人の選手を起用したほうが良いですね。いくらなんでも、3三振は喫しないでしょう。

個人的には、陽川選手の起用を推薦します。

 

ロサリオ選手自身の力量の無さと、打撃コーチの指導不足の両方が当てはまる自体でしょう。

 

「どうなるロサリオ?

起死回生で『交流戦男』になれるか?」

 

「ロサリオ選手の枠を埋める日本人選手が出現するのか?」

 

今年のタイガースの分岐点がやってこようとしています!!

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-選手評

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.