『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

選手評

藤浪晋太郎トレード説 〜まことしやかに、囁かれる〜

投稿日:

Pocket

皆さん、こんにちは!!

本日から、甲子園で、横浜ベイスターズとの3連戦です。

 

キーマンである植田海選手が復帰し、足を絡めながらの攻撃が成立するかどうか。

あとは、江越選手がトップバッターとして、どこまでやれるか。

そこが勝利への鍵となるでしょう。

 

ところで、、、。

実は私のタイガースファン仲間との会話の中で、

「もしかして、藤浪晋太郎は、他の球団からトレードされるかも?」

という会話が、最近、チラホラ起きています。

 

これは、単なる憶測でしかないので、確証などはありません。

もちろん、ファン同士の会話に過ぎないのも事実です。

 

しかし、、、。

実際は、どうでしょうか?

 

私個人の意見としては、こうです↓

「可能性は0%ではなくなった、、、。」

 

たとえば、藤浪投手が、入団時、2年目、3年目の時点では、どうだったでしょう?

はっきりと断言しますが、その時はトレードの可能性は0%です!

 

将来の虎の投手陣の大黒柱として期待され、十分な成績を残してきました。

また侍ジャパンの主力として期待されてもいました。

トレードなんて、あるはずがありません。

 

ところが、ここ数年の成績。

そして、今年の状態からすれば、、、。

 

タイガースの現状として、以下があげられます。

 

●秋山投手や小野投手をはじめ、日本人の先発投手が育ってきていること。

●才木投手や望月投手などの年齢の若い投手が力をつけていること。

●金本監督は、コントロール不足で自滅する投手には厳しいこと。

 

これらを踏まえると、藤浪投手が居なくても次に穴を埋める選手が出てきています。

 

そうなると、藤浪投手をトレードに出して、他球団の良い選手を獲得する話も、次第に出てくるのではないでしょうか?

ですから、トレード確率が0%ではないと、私は想定します。

 

もちろん、藤浪投手が復活すれば、チームは躍進します。

ですが、もし復活しなかった場合、、、。

 

ついに、

「ハイリスク・ハイリターンのレベルにまで、到達してしまった!」

というのが、私の意見です。

 

きっと、このような意見を持っているタイガースファンは、最近、多くなっていると思います。

 

そうした『噂』を払拭できるのか?

それは、今年から来年にかけての藤浪投手の活躍と成績次第でしょう。

 

プロ野球の世界は、時間は待ってくれません。

果たして、藤浪投手は、その貴重な時間をどのように生かすのでしょうか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-選手評

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.