『阪神タイガース』を、優しさと厳しさをもって正当に論調する応援サイト(ブログ)

タイガース・ネットワーク

選手評

福留孝介選手が入団して、『もっとも凄いと思った選手』を知っていますか?

更新日:

Pocket

皆さん、こんにちは!!

年齢40歳、福留孝介選手

現在、タイガースの不動の5番。開幕戦でも菅野投手から、ホームランをはなち、その実力は今だに衰えていません。

メジャーリーグから、阪神タイガースに移籍して、いまでは必要不可欠な選手となりました。

 

その福留選手。

中日ドラゴンズ時代に、もっともお世話になった方がいます。

まずは、星野仙一さんです。今年、突然お亡くなりになりました。しかし、その後、プロ野球関係者、そして大勢の一般のファンの方々に偲ばれる光景を見ていると、星野さんの偉大さが解ります。

福留選手も、「もっともお世話になった監督」であることをインタビューで述べていることは、阪神ファンも、よく知るところです。

 

そして、同じく中日時代に、

「このひとは、本当に凄い!!」と痛感した選手が、ひとり居ます。

どなたか理解できますか?

 

それは、立浪和義さんです。

このようなエピソードを先日、ラジオで、福留選手が語っていました。

 

ある日、福留選手がバッティングマシーンで、ボールを打っていたときです。

 

そこに、突然、立浪さんが、現れたそうです。

すると、

「孝介、そうじゃないよ!!」

と立浪さんは語り、バットを持って、マシーン相手に、打ち始めました。

 

すると、どうでしょう!!

ボールはバットの芯を外れることはなく、ガンガンに痛烈な打球を放っていたそうです。

 

福留選手は、「立浪さん、さっきまで練習していたんですか?」と聞くと、

 

立浪さんは、このようの答えます。

「いや、ボールを打ったのは、久しぶりだ。」

 

練習もトレーニングもせず、いきなり来たボールを正確に打つ技術に、当時の福留選手は驚いたと語っていました。

プロで一線で活躍している選手の凄さを物語っています。

 

こうした大先輩を目の当たりにして、いま現在の福留選手が構築されてきたわけですね!!

おそらく、今は、『立浪さん的な存在』として、若い選手の見本となっていると思われます。

 

~プロとしての継承者~

それが、福留孝介選手の現在です!!

スポンサーリンク



スポンサーリンク




-選手評

Copyright© タイガース・ネットワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.